社会福祉法人

ホーム > お知らせ > 歳末たすけあい募金配分事業のお知らせ

歳末たすけあい募金配分事業のお知らせ

 皆様から寄せられた地域歳末たすけあい募金は、久喜市社協が実施する「歳末支え合い一時金事業」、「ふれあい活動助成事業」、「年越し配布事業」に活用されます。

 

1 歳末支え合い一時金事業

 ⑴ 一時金配分事業

 歳末時期に、支援を必要とする世帯へ一時金を配分します。

 

≪対象≫

 市内に居住する、次の①~③のいずれかに該当する世帯

  (施設等入所者及び生活保護世帯は対象になりません。)

 ① 世帯全員が市県民税非課税の世帯

 ② 世帯員が次のア・イのいずれかに該当することに加え、市県民税が非課税である方の属す
  る世帯

  ア 次のⅰ~ⅲに該当する障害者手帳を所持している方

   ⅰ 身体障害者手帳(1級)

   ⅱ 療育手帳Ⓐ

   ⅲ 精神障害者保健福祉手帳(1級)

  イ 難病等の受給者証を所持している方

 ③ その他支援が必要と認められる世帯(市県民税課税世帯)

    新型コロナウイルス感染症の影響を除く、事故や病気、失業などの諸事情により、生活困
   窮となった世帯

 

 ⑵ 新型コロナウイルス特例一時金配分事業

 新型コロナウイルス感染症の影響により、現在もなお生活にお困りの方に久喜市商工会発行の商品券を配分します。

 

≪対象≫

 市内に居住し、新型コロナウイルス感染症の影響により、総合支援資金特例貸付を申請し、現在もなお生活にお困りの方

 

2 ふれあい活動助成事業

 歳末時期(令和2年11月28日(土)~令和3年2月7日(日))を機会とし、地域のたすけあいやささえあい活動など、誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりのための活動や事業等を行う団体に対して、助成を行います。

 

≪対象≫

 区長会、自治会、町内会、コミュニティ協議会、ふれあい・いきいきサロン、NPO法人、ボランティア団体等が行う、世代間交流、子育て支援、障がい者理解や住民参加のたすけあいなど、誰もが地域社会の一員として参加できる福祉活動や事業と認められるもの

 

※以下の事項全てに該当すること

 ・歳末時期に開催することで効果が見込まれること

 ・誰でも参加ができること         

 ・広く、地域住民の誰もが参加できるように周知していること

 

3 年越し配布事業

 生活にお困りの世帯へ、埼玉県産のお米3kg分を配布します。

 

≪対象≫

 市内に居住する、生活にお困りの世帯

 (歳末支え合い一時金該当者及び生活保護世帯は対象になりません。ただし、生活保護
  世帯のうち、母子・父子世帯は対象となります。)

 

 

【申請書配布】

 久喜市社会福祉協議会本所及び各支所の窓口で配布

 

 一時金配分事業新型コロナウイルス特例一時金配分事業年越し配布事業

  以下から、ダウンロードが可能です。

  歳末たすけあい募金配分事業のお知らせ

  令和2年度歳末支え合い一時金兼年越し配布(お米)申請書

  理由書

 

 ふれあい活動助成事業

  以下から、ダウンロードが可能です。

  募集案内(PDF)

  福祉事業団体助成交付申請書(様式第1号)(PDF)

  福祉事業団体助成交付申請書(様式第1号)(Word)

  令和2年度ふれあい活動助成事業計画書・予算書(PDF)

  令和2年度ふれあい活動助成事業計画書・予算書(Word)

  令和2年度ふれあい活動助成事業計画書・予算書【記入例】(PDF)

 

 

【申請方法】

 一時金配分事業の場合

  申請書に必要事項をご記入の上、お住まいの地区の担当民生委員、または久喜市社会福祉
 協議会 本所・各支所の窓口へ提出、もしくは郵送してください。

 【共通】申請書

 【対象②】障害に係る手帳、又は難病受給者証の写しを添付

 【対象③】理由書(できるだけ詳しくご記入ください)を添付

 

 新型コロナウイルス特例一時金配分事業ふれあい活動助成事業年越し配布事業の場合

  申請書に必要事項をご記入の上、久喜市社会福祉協議会 本所・各支所へ窓口へ提出、もし

 くは郵送してください。

 

【申請期間】

 令和2年9月15日(火)から10月9日(金)まで

 

【問合せ】

 久喜市社会福祉協議会

 総務課総務係

 電話 0480-23-2526

  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集