社会福祉法人

ホーム > 認知症SOS模擬訓練を実施しました > お知らせ > 認知症SOS模擬訓練を実施しました

認知症SOS模擬訓練を実施しました

久喜東地区コミュニティ協議会との共催にて、8月28日(日)に、久喜市で

初めての「認知症SOS模擬訓練」を実施しました。

この訓練は、認知症の方やそのご家族が地域で支えられ、安心して

暮らすことができるような地域づくりを目的として開催しました。

 

当日は雨も心配された中でしたが、延べ159人の方が訓練に参加してくださいました。

 

認知症役の職員をみつけると、地域の皆さんが、

「こんにちは、どちらへ行かれるの?」「暑いけどお疲れではないですか?」など

視線をあわせて優しく声かけをしてくださいました。

 

「認知症の方と会いました」と報告する通報訓練も行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訓練終了後には、意見交換会を開催しました。当日地域を歩いた皆さんからは、

「事前に認知症サポーター養成講座をしたので、参加した方はよく認識して訓練に参加していた」

「どのように声をかけたらよいか緊張した」

「今後は若い人にもっと参加してほしい」等の意見があげられました。

 

 

「普段から声がかけられるような雰囲気や、普段からちょっとした声かけができる

地域づくりが必要」という意見には、職員も気の引きしまる思いでした。

また、久喜東地区の地域のつながりの強さを感じました。

ご参加、ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集