社会福祉法人

ホーム > 共同募金事業 > 共同募金活動への協力・配分活用

共同募金活動への協力・配分活用

共同募金運動は1947年(昭和22年)にはじめられ、厚生労働大臣の告示によって、北海道から沖縄まで全国いっせいに、10月1日~12月31日の間に行われます。

赤い羽根をシンボルとする「赤い羽根募金」、市町村を単位に支援を行う「地域歳末たすけあい募金」があります。

 

1 共同募金とは

共同募金は民間社会福祉施設・団体の運営や施設整備、地域福祉事業を援助するために実施する募金活動です。

 

2 募金の種類

埼玉県共同募金会久喜市支会 県内の福祉施設や団体地域の社会福祉協議会
地域の皆様 矢印 埼玉県共同募金会久喜市支会 矢印 埼玉県共同募金会 矢印 県内の福祉施設や団体、地域の社会福祉協議会
地域の皆様 埼玉県共同募金会

 

4 募金の配分

 

地域の福祉の充実のために

主に、市町村社会福祉協議会が実施する在宅福祉サービス事業や、ボランティア育成事業、児童の事故防止、青少年の健全育成などに生かされます。

・ お年寄りのために
・ 障がいのある方のために


リフト車やスロープ付き車両による移送サービス(福祉有償運送)や介護機器の貸出など。

・ 子どもたちのために


総合学習等で福祉について理解を深める機会の支援など。

・ ボランティア支援


ボランティアの育成やボランティア団体の支援など。

 

社会福祉施設のために

施設利用者の生活向上のための設備・備品の改善や、施設が行う地域福祉サービスに必要な設備充実のために生かされます。

・ 老人福祉施設に


寝たまま入れる浴槽や大型洗濯機の購入、在宅介護支援センターの車や介護用品の購入 やリハビリ機器の購入 など

・ 障がい者福祉施設に


就労施設での作業機器購入や修理、車いすのまま乗れるリフト付車の購入やトイレの増設 など

・ 子どもの施設に


老朽化した建物の補修、冷暖房器具の整備 など 

  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集