社会福祉法人

ホーム > 地域福祉事業 > 小地域福祉活動の推進

小地域福祉活動の推進

小地域福祉活動は・・・住民同士の支えあい活動です。

地域の中には、高齢者や障がい者、お子さんをはじめとして、何らかの手助けを必要としている人が暮らしています。こうした方が地域で生活する上で、頼りになるのは、家族であり、友人であり、そして近隣の人たちです。しかし、核家族化や人間関係の希薄化などで、助けを求める“SOS”を出せない人がいて、不幸な事故につながることも少なくありません。そこで今、地域全体で支え合い助け合う、「小地域福祉活動」が注目されています。

 

小地域福祉活動とは、一般的に“住民の顔が見える”日常生活圏(中学校区や小学校区など)を基礎に行われる住民のさまざまな福祉活動の総称です。「地域」にある福祉課題にみんなで取り組んでいこうという活動で、次のような活動があります。

 

ご近所の見守り・声かけ活動の普及
ふれあい・いきいきサロン、子育てサロンの開催
配食・会食サービスの実施
住民福祉懇談会の実施
生活環境の改善
地域住民の安全確保
地域住民の交流促進
災害時の要援護者支援体制づくり

 

ふれあい・いきいきサロン

小地域福祉活動の1つに「ふれあい・いきいきサロン」活動があります。
地域にお住まいの子育て中の方や障がいのある方、高齢の方をはじめ、誰でも気軽に、楽しく参加できる活動で、地域のみなさんの交流の場です。
ボランティアの皆さんとともに気軽に茶話会や演芸、ゲーム等を楽しんでいただける場です。
誰もが安心して、楽しく暮らしていけるまちをめざして・・・社協では、「サロン」活動を応援しています。

 

サロン一覧(H28.11.1)

 

 

 

『楽しく・気軽に・無理なく活動』

スタートまでのステップ(例)

スタートまでのステップ(例)

 

こんなことがきっかけ・・・

①    「ここの地域も高齢の方が増えてきたねー。ひとり暮らしの方も多いと思わない?○○さん、最近見かけないけど元気かしら。そーいえばそうね。大丈夫かしら…?」

②    「○○さんが、元気でちょっと出かけられる何かいい方法はないかしら?」
そんな話のなかで、「地域のなかで、気がねなく集まるところがあったらいいかもね。」ということに…。

  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集