社会福祉法人

ホーム > 地域福祉事業 > 小地域福祉活動の推進

小地域福祉活動の推進

小地域福祉活動は・・・住民同士の支え合いの活動です。

小地域福祉活動とは?

小地域福祉活動とは、一般的に“住民の顔がみえる”日常生活圏(中学校区や小学校区)を基礎に行われる住民のさまざまな福祉活動の総称です。「地域」にある福祉課題にみんなで取り組んでいこうという活動で、例えば、次のような活動があげられます。

  • ご近所の見守り・声かけ活動の普及
  • ふれあい・いきいきサロン、子育てサロンの開催
  • 配食サービスの実施
  • 住民福祉懇談会の実施
  • 生活環境の改善
  • 地域住民の安全確保
  • 地域住民の交流促進
  • 災害時の要援護者支援体制づくり

なぜ小地域福祉活動が必要なの?

地域の中には、高齢者や障がい者、お子さんをはじめとして、様々な人が暮らしています。誰もが地域で安心して生活する上で、頼りになるのは、家族であり、友人であり、近隣の人たちです。しかし、核家族化や人間関係の希薄化等で、困ったときに助けてと言えず、孤立や不幸な事故につながることも少なくありません。そこで今、自分たちのできる範囲で福祉活動を行い、地域全体で支え合う仕組み「小地域福祉活動」が必要なっています。

ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロンとは、地域を拠点に住民である当事者とボランティアが協働で企画をし、ともに運営していく楽しい仲間づくりの活動です。介護予防や仲間づくりを目的として、定期的に集う場を歩いて行ける身近な地域につくり、運営する担い手と参加する住民が「気軽に」・「無理なく」・「楽しく」一緒に活動を行います。
お気軽にご参加ください。

久喜市内ふれあい・いきいきサロン一覧(PDF) ≫

社協では、サロン活動への支援を行っています。

社協による主なふれあい・いきいきサロンへの支援

  • 新規立ち上げの支援
  • 会場費、活動費の助成
  • 保険の加入
  • 広報
  • ボランティアの派遣、調整
  • サロン間の情報交換を図る代表者会議の開催
  • その他活動にかかる相談

お気軽にご相談ください。

福祉委員

平成25年度より、地域住民同士が見守りの活動を進め、困りごとの発見と相談機関等につながる仕組みづくりとして、福祉委員の設置を進めています。
福祉委員は、地域の困りごと・心配ごとに気づくアンテナ役として、民生委員さんや社協へつなぐボランティアです。

福祉委員の活動や身近な地域情報を掲載した「あったかひろば」を発行しています。

「あったかひろば」バックナンバー

地区福祉委員会

住民参加や協働により、地区福祉委員会(地区あったか会議)の設立を進めます。
目的は、「自分たちの地域の問題は、まず自分たちで取り組もう」という住民の意識がもとになり、住民が抱えている問題や悩みを「地域の福祉課題」としてとらえ、様々な人たちお互いに協力し合って解決を図っていくことです。具体的には、主に小学校区単位で設立し、住民同士が話し合い、取り組み方を考え、住民同士でできることを実施するとともに、社協や行政などの専門機関につなぐ活動です。

  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集