社会福祉法人

ホーム > 地域福祉事業 > コミュニティソーシャルワーク機能推進事業

コミュニティソーシャルワーク機能推進事業

  • 生活する上で課題を抱える方の個別支援を実施するため、住民をはじめ多職種協働によるネットワークづくりや社会資源の開発等を行います。

CSW(コミュニティソーシャルワーカー)の配置

久喜市社協では、平成25年度より、CSW(コミュニティソーシャルワーカー)を各地区に配置し、平成29年度は13人の職員がCSWとして日々活動しています。CSWは、地域に出向き、住民の皆さまと一緒に様々な困りごとを解決するため、個別支援や支援のネットワークづくりを行っています。

コミュニティソーシャルワーカーとは…

地域に出向き住民と協働して様々な生活課題を発見し、支援のネットワークづくりを行う福祉の専門職です。具体的な役割は、

  1. 要支援者に対する見守り・発見・つなぎのセーフティネット体制づくり
  2. 制度の狭間にある要支援者からの相談への対応、必要なサービスへのつなぎ、各種福祉サービスの利用申請支援等の実施等
  3. 地域住民活動との協働と支援
  4. 新たなサービスの仕組みの研究・開発・普及
  5. 地域福祉計画等の策定・見直し、推進等への協力及び市町村におけるセーフティネットの構築・強化のための取組みへの参画
  • 所在地・アクセス
  • 広報誌
  • 地域福祉活動計画
  • 事業計画・事業報告
  • 苦情相談窓口
  • 個人情報保護に関する方針
  • リンク集